【お墓の検索サイト・前編】強すぎる!お墓探し3大サイトを徹底リサーチ

お墓の検索サイト

新規にお墓を購入したい方、近くにどんな霊園があるのか調べてみたい方、お墓や納骨堂の種類を知りたいとき……お墓や霊園の情報を集めたいな、と思ったら、まずはネット検索しますよね。

国内には多くのお墓検索サイトがあるのですが、どれを選べばよいのかという素朴な疑問もありませんか?

お墓探しのための検索サイトって、どう違うんだろう?

そこで調べてみると、サイトごとの規模や掲載されている情報量の違い、提供しているサービスの特徴などが明らかになってきました。

本記事【前編】では「いいお墓」、「ライフドット(Life.)」「お墓さがし」というお墓検索の3大サイトをご紹介し、比較をしていきます。3大サイトとして選んだのは、2022年2月末現在で取扱件数、情報量、提供サービス、推定アクセス数などを総合的に判断した、あくまで個人の見解です。【後編】では上記以外のお墓探しサイトもまとめてご紹介するので、あわせてチェックしてみてくださいね。

こんな記事

お墓の検索サイトに求められること

お墓を探す場合、探す人それぞれの状況に応じて、場所、種類、宗教、費用……などの条件がさまざまにあって、その組み合わせで総合的に判断することになるでしょう。インターネット時代になって、情報を集めることは楽になりましたが、逆にその情報を見極めることも必要不可欠になっています。そんな時代に、お墓検索サイトに求められることを考えてみました。

1.掲載・取り扱える件数が豊富

日本国内にどれくらいの墓地・霊園・納骨堂があるか、ご存じですか?

最新の統計資料によれば、日本全国の墓地は86万箇所以上、納骨堂は約1万3千もあり、内訳は下表の通りです。

墓地総数868,299
地方公共団体墓地30,850
公益社団・財団法人墓地585
宗教法人墓地58,391
個人墓地704,354
その他墓地74,119
納骨堂総数13,038
地方公共団体納骨堂768
公益社団・財団法人納骨堂102
宗教法人納骨堂9,128
その他納骨堂3,040
厚生労働省 令和2(2020)年度「衛生行政報告例」より

墓地では個人墓地がもっも多いのですが、これは歴史上で増えてきもので現在あらたに建墓できない墓地がほとんどでしょう。そのほかの墓地や納骨堂であっても、その中でいま購入可能なお墓はどこにどれだけあるのか、個人が把握するのは難しい状況になっています。

お墓の検索サイトには、現在窓口があって購入や受け入れが可能な墓地・納骨堂が掲載されています。何万件もの墓地や納骨堂のなかから、稼働中(営業中)のお墓が分かるだけでも助かりますが、その選択肢が豊富にあれば、希望に沿うお墓が見つかりやすくなるでしょう。

2.掲載情報が豊富、検索性がある

お墓を探し、検討するにあたって、必要な情報はどれだけあるでしょうか。

基本情報やアクセスはもちろん、埋葬タイプ、宗教宗派、区画のサイズ、使用料や管理費、空き状況、永代供養の有無、特徴や条件、施設の設備……、知りたいことはかなりありそうですよね。

サイト上でどんな情報をどれだけ提示しているかは、お墓探しではかなり重要になってきます。条件がある程度決まっていれば検索によって、絞り込むことができるからです。条件が決まっていなくても、ご自身のチェックポイントを見つける助けになってくれるでしょう。

墓地や霊園、寺院ごとにHPを持っている場合もありますが、情報量が横並びに揃うという意味では、検索サイトは比較するうえでもとても便利なのです。検索の操作性やスマホでも比較・検索しやすいサイトかどうか、というのも大事ですね。

サイトによってお墓にまつわる情報を記事でまとめていたり、人気ランキングや特集を工夫したりとお墓を探しやすい工夫がなされています。必要な情報に辿り着きやすいのはもちろん、見やすさや掲載情報による相性なども気にしてみましょう。

3.次のステップ・サービスがある

候補のお墓を見つけたら、次にすることはなんでしょう?

より詳しい資料で検討したり、現地に行って見学できるか確認したり、次のステップへの道筋があるといいですよね。また、お墓に関する知識が不足していたり不安がある場合、サイトだけではわからない情報もあるかもしれません。

今回ご紹介する3サイトを含め大抵のお墓検索サイトでは、オンラインの問い合わせ窓口や電話によるコールセンターで、問い合わせや相談、資料請求、見学の予約などをすることができます。インターネット時代にあっても、人による窓口につながりやすいのは、お墓という特殊性ならではかもしれません。

サイト側も営利目的で運営している以上は、紹介や成約につなげたい意図はもちろんあります。ですから、知識豊富な専門家や専任オペレーターを構えいますし、オンラインでの問い合わせもスムースにできるよう導線もバッチリです。

もちろん、急がなければすぐに動く必要はないです。じっくり時間をかけて検討すべきものですから、しつこい勧誘も勘弁してもらいたいですよね。問い合わせの際には、現在のご自身の状況を伝えておくことも必要ですよ。

お墓探し業界を牽引する3サイト

お墓の検索サイトに求められる3つのポイントを踏まえ、さっそく実際のサイトをチェックしみてみましょう。今回は、この業界を牽引していると思われる大手3サイトをピックアップしてみました。

いいお墓

〜圧倒的な情報量とサポートで業界No.1

いいお墓

いいお墓」は、全国1万件以上もの霊園・墓地を掲載している、日本最大級のお墓ポータルサイトです。葬儀、お墓、仏壇など終活関連事業を手がける株式会社鎌倉新書が運営しています。

「いいお墓」の開設は2003年とかなりの古株で、当初よりお墓さがしの総合サイトと位置づけられていたようです。はやい段階からインターネットによるお墓関連情報の提供と拡充につとめ、いまや圧倒的な情報量を誇ります。掲載されている墓地・霊園・納骨堂の総件数はついに10,000件を突破しました。

検索条件には「継承者必要なし」「生前申込ができる」「檀家義務なし」といったみなさんが気になるような項目や、こだわりたいポイントとして「ペットと一緒に眠れる」「眺めがいい」なども選べるので、数あるなかから理想に近い候補が絞られてくるのではないでしょうか。

年間相談件数が14万件超えというのは圧倒的な数字でしょう。無料のコールセンターで専任スタッフが相談受付をするほか、ウェブ上ではチャット相談も可能です。もちろん、資料請求や見学予約はオンラインでも電話でもすることができます。

霊園現地見学・成約で最大13,000円分プレゼントというキャンペーンもあります。霊園見学をしたいと思っている方は、「いいお墓」を通じて予約・見学するだけで3,000円分のAmazonギフト券がもらえます。


圧倒的な情報量と歴史、実績を誇る「いいお墓」はお墓検索サイトの代表格といって間違いないでしょう。鎌倉新書は「いい葬儀」「いい相続」などその他「いい○◯」で終活全般の事業展開をしており、今後も成長が見込まれるのではないでしょうか。

「いいお墓」の特徴
  • 全国10,014件(2022年2月現在)の墓地・霊園・納骨堂情報を掲載する日本最大のお墓ポータルサイト
  • 価格や詳細などの墓地情報を網羅し、検索性も高い。お墓の知識やお墓関連記事も多数掲載。
  • 専任オペレーターが7時〜24時まで毎日相談受付。
  • 見学予約〜見学・アンケート回答で3000円のギフトカードがもらえる(成約ならさらに!)
サイトURLいいお墓 https://www.e-ohaka.com/
コールセンター0120-432-221/年中無休 7:00〜24:00
運営会社株式会社鎌倉新書(東京都中央区)

ライフドット(Life.)

〜終活コンテンツの充実と抜けのない情報

ライフドット(Life.)」は、お墓、葬儀、仏壇、相続など、ライフエンディングに関する情報を発信するウェブサイトです。人生(ライフ)の最後にピリオド(ドット)とは、お墓を取り扱いながらもモダンで粋なネーミングだな、と思います。

基本的な情報はもちろん網羅した上で、お墓の選び方や、墓じまいの方法といった関連知識、また葬儀、 仏壇・仏具、 相続、 生前準備といった終活全般のお役立ち情報へサイト内から簡単にアクセスできます。

8,000を超える掲載件数とウェブサイトの見やすさがありながら、24時間受付の自社内コールセンターを持ち、サポート面やほしい機能が備えられていて、総合的にバランスのよい検索サイトといえそうです。

各霊園のページは、基本情報はもちろん、写真も豊富で情報に抜けがない印象。加えてお墓ディレクターがお名前と顔写真付きで特徴をまとめてくれているので、信頼感もアップ。

2021年11月からの新サービス「お墓ぴったり診断」では、お墓に関する4つの質問(エリア、お墓タイプ、金額、宗教)に答えるだけで、さくっと条件に合ったお墓を一覧で紹介してくれ、気に入ったものは一括資料請求ができます。

「ライフドット(Life.)」の特徴
  • 掲載件数 8,000件以上。WEB上で非公開の霊園も取り扱う
  • 「お墓ぴったり診断」で手軽に検索できる。おススメの霊園資料がまとめて届く一括資料請求サービス
  • お墓ディレクターによるワンポイント紹介などオリジナル、丁寧な情報収集が好印象。
  • 24時間365日無料の自社内コールセンターで、相談受付。終活カウンセラー有資格者が直接アドバイス。
サイトURLライフドット(Life.) https://www.lifedot.jp/
お墓の相談窓口0120-964-790/無休・24時間受付
運営会社株式会社エイチームライフデザイン(愛知県名古屋市)

お墓さがし

〜テクノロジー×ユーザー目線の検索性

お墓さがし」は、「テクノロジーで世界を変える」を掲げるアットセル株式会社が運営する墓地・霊園のポータルサイトです。 超高齢化社会を迎える未来の需要を見据えて、全国のさまざまなタイプのお墓や改装などにも対応しながら、資料送付や霊園見学を手配するサービスを整えています。

掲載件数は7,000件以上と膨大ですが、都道府県エリアや区画タイプ、宗派・購入管理費用などの条件設定はもちろん、「特徴から探す」条件がとにかく多彩。「ペットと一緒」「マンション型」などの条件面、「富士山が見える」「著名人」といった墓地の環境や、「耐震・免震」「墓石持込」など事前に知っておきたいことなど、ニーズが細かく想定されています。

キーワード検索にも対応しているほか、「検討中リスト」「最近見た霊園」などユーザー目線でかゆいところに手が届く機能が整っているのも心強いです。

サイト内の「お墓マガジン」ではお墓の選び方や墓じまいを学べる記事、人気ランキングなど多様な情報を掲載するとともに、YouTubeチャンネルでは映像で霊園見学できる動画や、学べるコンテンツを増やしているようです。また「終活ライブラリー」という姉妹サイトでは、お墓だけではない終活全般の情報にもリンクしています。

「お墓さがし」の特徴
  • 掲載件数 7000件以上!新しいタイプのお墓や墓じまい(改葬)にも対応
  • カンタン60秒で資料請求が簡単。霊園相談室は年中無休24時間対応
  • 「特徴からさがす」多様な条件検索や「検討中リスト」「最近見た霊園」など検討に役立つ機能が便利
  • 「お墓マガジン」の多彩な記事やYouTubeチャンネルで動画による発信も
サイトURLお墓さがし https://ohaka-sagashi.net/
霊園相談室0120-207-012/無休・24時間受付
運営会社アットセル株式会社(東京都渋谷区)

3サイトの比較・まとめ

ご紹介した3サイトの比較ポイントをピックアップしてみました。

サイト名いいお墓ライフドット(Life.)お墓さがし
掲載件数10,014件8,700件以上7,000件以上
うち東京の件数1,368件1,054件750件
クチコミ評価軸・料金
・交通利便性
・環境
・設備・施設
・管理状況
・墓石のデザイン
・接客
・サービス
・交通利便性
・設備・環境
・管理状況
・周辺施設
・価格
・交通利便性
・雰囲気・設備
窓口電話対応年中無休 7:00〜24:00無休・24時間受付無休・24時間受付
運営会社株式会社鎌倉新書株式会社エイチームライフデザインアットセル株式会社
※2022年2月末現在の情報です

掲載件数が膨大なので、東京都内の物件数をあわせて調べています。ご自身の希望地域で検索してみるとイメージが掴めるかもしれません。

特筆すべき点はそれぞれにもっとあるので、今後レポートしていきたいと思います。

まとめ

【前編】では大手3サイトそれぞれの特徴を、わたし個人の感想も交えてご紹介しました。

特に記していないこともありますが、お墓の検索サイトとして共通する大前提は大きく変わりません。ユーザー側は完全無料で情報を検索・閲覧することができ、見学や資料請求の仲介を依頼することができます。

たとえば、区画タイプの大カテゴリが「一般墓」「樹木葬」「納骨堂」「永代供養墓」となっていることや都道府県ごとに検索できることも共通しています。

そんな中で選ばれる検索サイトになるべく、各サイトがさまざまなサービスを提供し、日々情報を増やしていると感じました。こうして切磋琢磨してもらえたら、ユーザーにとってありがたいことですよね。

そんなお墓の検索サイト、じつはまだまだあるんです。独自のサービスや特有の強みを持つサイトなど【後編】でご紹介しますね。

よかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
こんな記事
閉じる