【お墓と本】神保町のシェア型本屋さんに「おはかんりの書棚」オープン!

先日、神保町のシェア型書店『猫の本棚』に、『おはかんりの書棚』を設置・オープンしました。このリアルな場所にある棚を通じて、お店を訪れた人がお墓についてなにか考えるきっかけになればいいな、と。どんな書店・書棚なのかご紹介しますね。

神保町近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください

こんな記事

シェア型書店「猫の本棚」とは

神保町のシェア型書店『猫の本棚』...
神保町のシェア型書店『猫の本棚』WEBサイト 本の街・神保町の、静かな隠れ家のような シェア型本屋『猫の本棚』のWEBサイトです

シェア型書店とは?

シェア型書店とは、店舗をもって営業する本屋さんの本棚のスペースを、間借りすることができる形式の本屋さんのこと。借りた人はその棚の「棚主」になることができ、それぞれに選書した本を並べて販売できます。

誰でもが小さな本屋さんのオーナーになれるイメージですね。近年人気で増えているようで、「ひと箱本屋」「ブックアパート」などということもあります。お店によってスタイルやシステムが異なり、個性を出しているのも特徴です。

日ごろ本から多く勉強させてもらい、【お墓と本】なんて記事も書いてる「おはかんり」としては、じつは気になる存在でした。

『猫の本棚』とは?

そしてこの度出店を決めたのは、2022年1月にオープンしたばかりの神保町のシェア型書店『猫の本棚』さんです。

アクセス

住所:東京都千代田区西神田2-2-6-102 「猫の本棚」

『猫の本棚』の特長

数あるシェア型書店でも『猫の本棚』に出店させてもらいたいと思った決め手は、大きく3つ。お店の特長やご紹介にもつながるものです。

本の街・神保町

まず、魅力的な立地。東京で神保町といえば本の街、古書店も多く、本好きさんが集まることから、「本の聖地」なんて言われることもあります。たとえ小さな書棚でも、神保町に出店できるチャンスなんてそうそうないです。

わたし自身、本屋さんには目的を持って行くこともありますが、偶然の出会いが多いのが本屋さんの魅力ですよね。神保町は、じっさいに本を媒体にした出会いの機会が多く訪れる街なんだろうと思っています。

オーナーさんいわく、やはり立地には特別にこだわりがあったそう。大型書店や古書店が立ち並ぶ大通りから少し入った、静かで落ち着いた場所もそう。まさにひっそりと佇む、雰囲気のある素敵なお店となっています。

隠れ家のような空間

静かな隠れ家のようなシェア型本屋さん

このような場を提供してくださる本屋さんのコンセプトに共感するとともに、それを具現化した空間がまたおしゃれなんです。

都会の閑静な一角にあるだけでなく、一歩お店に入るとちょっと異空間。クラシカルなインテリア、木製の書棚や照明の温もりもあって、さまざまな本たちに囲まれていると、なんだか落ち着けるんですね。隠れ家とはまさに言い得ています。

また、その名の通り、猫好きのオーナーさんですから、売り上げの一部は保護猫活動に寄付されるといいます。招き猫さんや猫ちゃんグッズが置かれているのも、温かさの一因だと思います。

映画と本のつながり

オーナーさんご夫婦は、映画にもとっても造詣が深いんです。だから映画関係の蔵書がたくさん並んでいて、映画好きとしては眺めているだけでも楽しくなります。

わたしはかつて映画会社に勤めていたことがあり、じつはそのときにお知り合いになっていたというご縁もあったんです。そんなつながりが、今回とっても有り難いことでした。

映画って、その時間楽しむだけじゃなくて、その後の広がりがあるものですよね。「こんな視点があったか」「そんな背景があったのか」と、本によって深めることができます。なかなか自分では辿り着けないところに連れてってくれます。

映画と本をつなげる場所としてもおすすめしたい『猫の本棚』なのです。

『大島渚全映画秘蔵資料集成』はオーナーである樋口尚文さんの大著!

おはかんりの書棚

そんな書店が生まれたタイミングとご縁、映画と本のつながり……さらに乗っかってつなげちゃおう!という試みで、棚主になることにしました。「おはかんり」で。

書棚コンセプト

約30×35㎝の小さな本屋さんです

お墓に興味を持ってから、さまざまな本を読んで、学ばせてもらいました。新書や古本で買ったもの、気がついたらお墓関係の蔵書が増えていて、そこそこの知識も得ていました。

わたしがお墓を考えるのに役立ってくれた本たちは、ほかの誰かにも同じようにきっかけになるかもしれません。そこで、わが家で積まれているこれらの本の一部から、まずは書棚をつくった次第です。

基本的に、「おはかんり」のコンセプトを踏襲している本屋さんですね。目指すところは、ネット上ではできない、リアルな出会いの場になってくれたら、と思っています。

書店を訪れるお客さま然り、お仲間であるほかの個性豊かな棚主さん然りです。

選書のご案内

まず【お墓と本】と題してレビューしているものは並べました。伝えたいことが多かった、学びの深い、気づきのある本だからです。

まだまだほんの一部しか書けてないので、これからレビューしたい予備軍たちも並べています。順次、記事化していきます。

単行本、新書、文庫、漫画を問わず、なんらかの形で「お墓」に通じることを除けば、ばらばらな選書ではありますね。比較的新しめの本からは今どきのお墓事情を知ってもらえるし、先達や同年代の著者のエッセイもあれば、墓マイラーのガイド的な本もありです。

不定期的に追加や入れ替えもしていきます。今後も「おはかんり」のアンテナに引っかかった本が並ぶことになるでしょう。

購入特典

『おはかんりの書棚』の本の価格設定は、おそらく、巷で買うより良心的になっているはず。そして買ってくださった方へのお礼として、1冊につきBOOK DARTS(ブックダーツ)をひとつをお付けしています。

ブックダーツは、金属製の栞のようなもので、好きなページにマークしておくことができるもの。

ゴールド、シルバー、ブロンズのどの色かはお楽しみです。読書のお伴にしてください。

また、1冊ずつに挟まれているお値段を記したスリップには、その本のおすすめポイントを記載しております。手に取って開いてみていただけたら嬉しいです。

営業時間など

営業時間は『猫の本棚』に準じます。木曜日〜日曜日の13時〜18時まで。月・火・水曜日はお休みです。

臨時休業や開閉店時間の変更があるときは、公式HPやSNSで告知しているので確認してからお出かけくださいませ。

また、決済はすべてキャッシュレス決済となっています。クレジットカードや各種電子マネーをご利用いただけます。古本屋さんだけど現金はつかえませんのでご注意くださいね。

猫の本棚 公式HP

これから『おはかんりの書棚』を通じて、たくさんの方とお会いできますように、そしてお墓について考えるきっかけとなりますように。隠れ家のような本屋さんの、小さな書棚でお待ちしております!

よかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
こんな記事
閉じる